鑑真などについて勉強した

勉強をしました。政府は、諸国に対して各国の地理・産物・伝説などをまとめるよう命令し、諸国では風土記をつくって朝廷に提出しました。

文芸では、漢詩文が貴族の教養として重んじられ、漢詩文集「懐風藻」が編まれ、淡海三船らの文人が出ました。和歌では、白鳳期の歌人に続いて山上憶良・大伴家持らが出て、個性的な短歌や長歌をよみました。

8世紀末に編集された「万葉集」は、天皇・貴族の作品とともに東歌・防人の歌など地方農民の素朴な歌もおさめ、万葉がなを用いつつ漢字の音と訓を組みあわせて表記されています。

仏教は、国家の保護を受けて発展しました。平城京には律令政府によって大寺院がたてられ、僧侶も行動をきびしく規制されました。

僧侶の活動は一般に寺院内に限られ、国家をまもるための経典をよんだり、のちに南都六宗とよばれる諸集(法相・華厳・律などの6宗)の仏教理論を研究したりしました。

戒律を伝えた唐僧鑑真らの活動も重要です。口臭サプリメント