音楽療法というのはと語る

それにしても見づらいという風に思って、目を洗ってみました。
そうすると、結構見やすいというか、読めるようになりました笑

親が今日、中森明菜と松田聖子を動画で聞いていましたが、両親青春の頃の歌ですね。

その時、20代ってやっぱり一番、音楽だとかに敏感な時期だよなーと話した記憶があります。

世代差というのはあって、だから日本の音楽療法は、古めかしいものが多いのでしょうね。

私たちより、二回りかそれ以上の人たちが青春だった頃で、私から聞いて、どう考えても暗くなる坂本九の歌が、今の高齢者に流行るのは、そういうわけなのでしょう、
音楽療法は、恐らく、デイサービスなどの、高齢者たちのレクリエーションに取り入れられているものだと思います。

元々、障害の方などに、楽器を教えるのに、資格などはいらないはずです。
代わりに営業なども、自分でやらなくてはならず、健康な方や、軽い精神の人であっても、実は体験してこそなのだと思う事があります。http://www.thatpatenttool.com/